<   2020年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

200124 米杉の外壁

『白浜の家』

外壁がほぼ張り終わりました。
米杉の外壁に山の木の影が落ちてとても良い雰囲気。

谷地になるので屋根の色を艶消しのシルバーとしたのは正解。
明るく浮遊感ある建物にとても良くマッチしています。

■良いですよ~
200124 米杉の外壁_b0129659_1740171.jpg
200124 米杉の外壁_b0129659_17402130.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2020-01-24 17:45 | 『白浜の家』 | Trackback | Comments(0)

200122 記憶

『三重の家』

何を見ているのか。
人の記憶は常にカラーではなくモノクロで曖昧なものが多い。

何となく印象的だったシーンを断片的に記憶して
その家、その空間のイメージを思い出す。

では印象的なものとは何か。印象的なものをどう作るか。
建築士の個性が出るのはここで、捉え方の違いがスタイルに現れる。

200122 記憶_b0129659_12374488.jpg
200122 記憶_b0129659_123861.jpg
200122 記憶_b0129659_12381822.jpg
200122 記憶_b0129659_12382923.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2020-01-22 12:44 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

200121 from start to finish

『三重の家』

工事も大詰め。
最初から最後までほとんど大工さんの仕事。

だいたいの現場では、壁の下地ボードを貼ってしまえば大工さんはお役御免で
クロス、左官、塗装屋さんに仕上げを譲る。
キッチン、家具は既製品でメーカーから運んできてポンっと設置する。

キッチンを大工さんが作る(https://tsujichika.exblog.jp/27690602/)。

床、壁、天井にはじまり家具も大工さんがつくる、外部の柿渋も大工さんが塗ってくれた(笑)。
仕上がりの一体感が凄い。良い雰囲気になってきました。

■カウンターはステンレスバイブレーション仕上げ
200121 from start to finish_b0129659_17213960.jpg
200121 from start to finish_b0129659_17215612.jpg
200121 from start to finish_b0129659_17465395.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2020-01-21 17:33 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

200116 洗濯干し場

『三重の家』

洗濯機のある脱衣所の横に洗濯干し場を設けた。
2面掃き出しのサッシがついたサンルームのようなスペース。

黄砂や花粉、PM2.5はどこでも
みかん畑があれば農薬があり、畑があれば野焼きなどもある。

小さなスペースですが
網戸もついて快適に利用して頂けると思います。

■仕上げはせず、外壁の下地材に用いたモイスで調湿効果も期待します
200116 洗濯干し場_b0129659_8141562.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2020-01-16 08:20 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

200115 マグロの板

『三重の家』

2階に台所がある。
壁向きにコンロと流しが付き窓の向こうには水平線が見える。

他の壁はスギ板の横張りとし
この正面の壁だけ巾広のスギ板を使い目板で押さえる仕上げとする。
このスギ板、地元の製材所で調達し
普段はマグロを運ぶ箱用にひかれているとのこと。

台所の壁にマグロの板を使う(笑)。
これは良い仕上げになりました。

■同一素材で仕上げる場合は単調にならないようパターン替えて微細な変化を作る
200115 マグロの板_b0129659_7585535.jpg
200115 マグロの板_b0129659_7591294.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2020-01-15 08:07 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

200114 清々しさ

『三重の家』

壁・天井はスギ板。床はヒノキで仕上げる。
塗装もせず、張りっぱなしの仕上げ。

木を切って板にしてそのまま。
自然がそのまま室内の仕上げになる。
簡単そうであまりない。

だから清々しい。

200114 清々しさ_b0129659_17185551.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2020-01-14 17:27 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

200107 year 2020

新年明けましておめでとうございます。

昨年は8月で40歳となり
ラグビー日本代表のベテラン、トンプソン選手の年齢が
38歳と知って改めて自分の年齢を実感することができました。

学生時代の友人からの年賀状で
皆それぞれのポジションにつき活躍している様子を知ると
正月早々、改めて自分の立ち位置を考えずにはいられなくなりました。

既に亡くなっている巨匠と呼ばれる建築家達を見ると
60以降が花盛りでいかにそこまでモチベーションを保ち続けるかというのも
大事な要素であることを実感しています。

与えて頂いた目の前の仕事で少しずつチャレンジをしながら
じわ、じわぁっと行きたいと思います。

2020年については
住宅をはじめ、住宅以外の計画も動き出しそうです。
本来建築は、他の分野に比べてとてもサイクルが長い分野であります。
今は消費財としての扱いになりつつありますが
長いスパンで建築に向き合えるよう続けていきたいと考えています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

■今年は写真をたくさん撮ります~
200107 year 2020_b0129659_10285959.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2020-01-07 10:50 | kenoba | Trackback | Comments(0)