181108 いろえんぴつ

『日方の家』

青のいろえんぴつで色を塗った後、赤や黄色の色を使いたくなる。
青ばかりで色を塗り続ける子は少ない。

同じような感覚である特定の樹種を使っていると少し違う樹種を使いたくなる。
少し木に対する知識が増えるとなおさらだ。

しかし少し大人になると
個別に違うことよりも調和した魅力に気づき始める。

青で塗っていた子が、水色やそら色、紺色と
同じ青系統の中で微妙な調子の違いを用いて表現できるようになってくる。

タモという樹種で統一した空間が見えてきた。上質で大人な空間が生まれています。

b0129659_15342915.jpgb0129659_15343838.jpg
b0129659_1534486.jpgb0129659_15345665.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-11-08 15:51 | 『日方の家』 | Trackback | Comments(0)

181106 Clouds over the mountains

肌身離さずカメラは持ち歩いている。

ハッとする景色や瞬間はなかなかあらわれない。

あらわれないのではなくて、気付いていないだけだ。

シャッター数は気持ちのバロメーターになっている。

b0129659_8263282.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-11-06 08:27 | kenoba | Trackback | Comments(0)

181101 照明の位置

『日方の家』

天井にペタペタと緑のテープを貼っていく。
照明器具の位置だ。

図面にはおおよその位置はプロットしているが
最後の細かな調整は現場で行う。

大胆な変更は無いが
板の目地割りや、壁からの距離、家具の出っ張りなどを考慮して決める。

■決めた直後から電気屋さんが穴を開け始めた。
b0129659_9145734.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-11-01 09:18 | 『日方の家』 | Trackback | Comments(0)

181031 高さ=居心地を調整する

アメリカはポートランドの代名詞的なホテル、エースホテルのロビー。
天井の高いゆったりとした空間に、ダークブラウンに着色した腰壁が空間に落ち着きを与えている。
居心地の良さは、重心をグッと下げる腰壁の存在感。

『日方の家』
もともとの、天井高さが2m50cmの部屋。
立って移動する分には良いが、ソファーに座ったり、くつろいだりするには少々高い。
見た目の重心を下げる為、2m20cmの高さに腰壁を張った。

装飾的な巾木、廻り縁を付けてしまうとアンティークになりすぎるので
すっきりとした角材を使用している。

■明るい印象になるように腰壁は透明のワックス仕上げとした。少しずつ日に焼け飴色になる
b0129659_16514236.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-10-31 17:18 | 『日方の家』 | Trackback | Comments(0)

181029 仕上げを決める

『日方の家』

仕上の材料を決める。

見積りの際には、打ち合わせの上具体的な品番を選んでおき予算をつけておく。
最終は、現場でお施主さんにも仕上げを確認して頂いて決定している。

光の加減や周りの雰囲気によって印象が変わるので
決定の際には必ず現場で確認する。

今回は床の仕上げにカーペットを使うので、たくさんのサンプルを取り寄せて頂いた。
素材感のある、落ち着いた雰囲気の仕上げになりそう・・・。

b0129659_1536111.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-10-29 15:46 | 『日方の家』 | Trackback | Comments(0)