080821 軽トラの行列

軽トラの行列ができました。
朝から、監督さん、大工さん、塗装屋さん、家具屋さんと
現場は賑わいをみせています。

b0129659_10361291.jpg
# by tsuji-chika | 2008-08-21 10:47 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)

080820 光の取入れ方

景色を楽しむ為、風を取り入れる為、光を取り入れる為
と、窓を設ける理由はいろいろとあります。

「大野中の家」玄関正面の欄間の窓。
ここでは、勾配天井を光がきれいに照らすように、枠の納まりが決定されています。

b0129659_9532713.jpg
# by tsuji-chika | 2008-08-20 09:57 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)

080816 お盆休み

13日から、現場は盆休みに入っています。

職人さん達は、普段土曜日は仕事をしており週休一日です。
その代わり盆と正月にはしっかりと休みを取ります。

最後の追い込みに向け英気を養って頂きたいものです。

■取り合いの雑工事を残しておりますが、外観はほぼ完成しました
b0129659_12211529.jpg
# by tsuji-chika | 2008-08-16 09:00 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)

080815 肌理(キメ)

肌理(キメ)について考える時、人の目はすごいなといつも思います。
本人は意識しているわけではないけれでも、
なんとなくその材料がもっている表情を目を通して察知しているということ。
「ツルっと」「ザラっと」「硬そう」「柔らかそう」「水を吸い込みそう」「汚れにくそう」
それら印象を瞬時のうちに判断することができます。

設計する者として、考えたいのがそれらの判断が無意識の内に行われているということ。
何らかの物を見る時に、どんな人であれその物から受ける印象を感知しているということ。

その視点に立つと、形や、色といったことと同じように、
肌理を扱うという感覚がとても大事なことであると考えています。

■奥行きをもつ肌理
b0129659_9185959.jpg


■凸凹とした肌理により、日のあたりかたで建物の表情が灰色⇔白と変化していきます
b0129659_9193122.jpg
# by tsuji-chika | 2008-08-15 09:24 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)

080814 大渋滞

阪和自動車道は、
白浜方面に向けて朝6時頃からすでに大渋滞。

近年、高速が延長され白浜までのアクセスが良くなったお陰で、
近畿圏内から海水浴、キャンプ、温泉といったレジャーを楽しむため
白浜方面への車が増えたように思います。

朝から高速道路の様子を見ることで連休を実感するようになりました。

b0129659_9255172.jpg
# by tsuji-chika | 2008-08-14 09:29 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)