080415 風の道

西から東を見た写真です。
骨組の状態でイメージが湧きにくいのですが、
スッと東西に抜けているのがわかります。
風が通る道です。
建物を考える時、仕上げをどうするかということに焦点が向けられやすいですが、
人間と同じで骨格が力を持っていないと、
良い建物にはなりません。

b0129659_1057519.jpg
# by tsuji-chika | 2008-04-15 09:19 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)

080414 鳥居

鳥居[神社の参道入口に立てて神域を示す一種の門]
鳥居があることで、背後の山がとても神聖なものに見えてきます。
存在、機能という観点から改めてみると、とても不思議な建築です。

b0129659_10562963.jpg
# by tsuji-chika | 2008-04-14 09:00 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)

080412 足場を組んでいます

骨組ができた後は、
屋根、外壁と外廻りから順番に、
工事が進められていきます。
現場では、棟梁と諸所の納まりについて打合せをしています。
図面を描いた者から、建てる者へ。
この段階での意思疎通はとても大事になります。

b0129659_1055166.jpg
# by tsuji-chika | 2008-04-12 09:30 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)

080411 空を見て思う

景色の半分は、空なのだから
雲行きを察する程度でなく、
景色としてもっと楽しんではどうだろうか。
海南という小さなまちですが、空の面積は都会より大きいです。

b0129659_10532029.jpg
# by tsuji-chika | 2008-04-11 10:31 | 海南市の空 | Trackback | Comments(0)

080410 垂木[たるき]をつけています

棟があがった後は、
すぐに屋根を仕上げていきます。現場を雨から守る為です。
次の雨がくる前に、手際良く作業を進めることが大事です。
垂木がついただけで、だいぶ家らしくなってきました。

b0129659_9563517.jpg
# by tsuji-chika | 2008-04-10 10:19 | 『大野中の家』 | Trackback | Comments(0)