190130 三重の家

『三重の家』

b0129659_8571120.jpg
紀伊半島を横切って、熊野灘へ。
敷地は三重県は御浜町。
新宮からも近く、七里御浜は世界遺産。
片道150km、3h~4hの距離。

b0129659_859241.jpg
水平線から朝日が昇る。

和歌山の紀北では考えられない自然現象。
少し高台にあり、遠くに熊野灘が見えるロケーション。
全国的に有名な熊野の花火も見える。

そんな敷地に、25坪弱、2階建ての小さな家を建てる。

ご縁を頂戴してから、
中間地点である中辺路の小さな喫茶店で打ち合わせを重ね
現在は実施図面にとりかかっています。

佇み方、水平線、回遊性、親密感を意識した計画。
派手さはないですが、ギュギュっと想いが凝縮された良い家になると思います。
完成を乞うご期待ください!

■道路工事が多い 5分待っている間に写真撮影 雪が降っていた
b0129659_904418.jpg
b0129659_91536.jpg
b0129659_911480.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-01-30 09:31 | 『三重の家』 | Trackback | Comments(0)

190124 1年が経ち

『京都の家』

引渡しをさせて頂いてから一年が経ち、久しぶりにお伺いさせて頂きました京都の家。

ぴかぴかしていた銅板の色がすっかり落ち着き
柿渋を塗った木部が、丁度良い具合に赤茶色に変色しています。

周辺環境に馴染み、京都らしい建物になっていました。

台風21号の影響で門の引き戸のコマが曲がったようでしたが無事に修理して頂きました
b0129659_1135729.jpgb0129659_114759.jpg
b0129659_1142157.jpgb0129659_1143043.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-01-24 11:15 | 『京都の家』 | Trackback | Comments(0)

190111 オリコミチラシ

先日撮影させて頂いた人形の西岡さんのチラシが
本日の朝刊にてご覧頂くことができます。

ご興味ある方は是非手にとってみてください。

b0129659_1081915.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-01-11 10:10 | 『日方の家』 | Trackback | Comments(0)

190108 year 2019 

まんぺいさんが、ものづくりと経営者の狭間で揺れ動いている。
b0129659_11521412.jpg

平成も終わり、夏には40歳を迎える2019年。
嫌でも色々なことを考える年になるだろう。

以前こちらで紹介させて頂いた本。
b0129659_1320016.jpg
調理場という戦場/斉須政雄著

常にプレーヤーで居続けられるように図面を描き続けていきたい。
どんな出会いがあるか。ワクワクしています。


辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-01-08 13:32 | kenoba | Trackback | Comments(0)

181229 year 2018

4月に屋号を変更(https://tsujichika.exblog.jp/28221426/)させて頂き
10年の節目を越えて新たなスタートを切った、2018年。

年初は京都に通い、春から夏にかけては新宮へと車を走らせ
小さな車(https://tsujichika.exblog.jp/28415411/)の中でずいぶんと長い時間を過ごした。
そんな時間の中でグルグルと思考を巡らせ色々なことを考え続けた。

■『中庸なデザインhttps://tsujichika.exblog.jp/24988976/

お施主さんから頂いた評価ですっかり気に入って今では一番大事にしている言葉。
和風や、洋風といったスタイルで建築を捉えるのではなく、
時間の変化に耐えうる建築を発想の中心に据えている。
奇抜なデザインや思いつきはその一瞬でしか生きられず、
時間の試練(https://tsujichika.exblog.jp/28233088/)に耐えられないもには魅力を感じない。
そう考えていたからこそ、
『中庸なデザイン』という言葉は僕の名刺代わりとして宝物にしていきたい。

■『テーラー(仕立て屋)としての建築家像』

お施主さんになって頂く方には、
色々な設計事務所、工務店さん、ハウスメーカー様を転々とされた方が少なくない。
『何が良いかわからなくなってしまって』という言葉を何度と聞いた。

共通するのは、提案されるライフスタイルに自分の生活像がマッチしない、違和感を覚えてということ。
『売り手』→『買い手』という一方通行の提案に拒否反応が生まれているのだと思う。

それは仕方のないことで、ある一定のサイクルで商品として家を売っていく為には
『売り手』が先にライフスタイルを提案しそれに見合った『買い手』を探す方がはるかに効率が良いからだ。

テーラー(仕立て屋)としての(https://tsujichika.exblog.jp/26862752/)スタンス。

お客さんの体を採寸し、どういう用途に使うか、生地はどうするか、ゆったりつくるのかタイトにするのか
予算は如何程か、テーラーの醍醐味としてはその服がお客さんに良く似合っているかどうか。

これを家作りに置き換えてみる。

小柄なおばあちゃんが一人で住むのに、天井高さが2m80cmもある大きな空間を提案するのは
ぶかぶかの服を着せるのと同じようなものだ。

建築家というのは何か突飛な服を作るように思われがちだが、
居そうで少ない、『テーラーのような建築家像』を大切にしていきたい。

■2019年
新たな地での計画が進んでおり、益々小さな車での時間が増えそうです。
少しずつではございますが良い建物をつくっていきたいと思います。引き続きご愛顧の程よろしくお願い致します。

それでは皆様良いお年を!
年初は7日からスタートします。

京都の家→https://tsujichika.exblog.jp/i53/
b0129659_1172189.jpg
b0129659_1172893.jpg


新宮の家→https://tsujichika.exblog.jp/i55/
b0129659_1174152.jpg
b0129659_1174846.jpg


日方の家→https://tsujichika.exblog.jp/i56/
b0129659_117565.jpg
b0129659_118364.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-12-29 15:33 | ありがとうございました | Trackback | Comments(0)